日々の呟きと大好きなお花の写真を載せたいと思います(*^^)v
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
映画『蟲師』を見て
オダギリジョー主演の「蟲師」を見ました。

今から100年ほど前のお話・・明治の終わりから大正にかけて~くらいの頃でしょうか
大友克洋監督の言葉にもありましたが、その頃には~地方・山間部には、きっと不思議な物が存在する世界が残っていたのかもしれません。「もののけ姫」の世界みたいな?そういう世界には、あこがれを感じてしまいます。好きだなあって思う・・

母と行商しながら旅をしていた少年が、雨の中~峠の細い道を歩いているとき土砂崩れにあい母を亡くしてしまう。そのとき、「ぬい」という女蟲師に助けてもらい一緒に暮らす事となる。
少年は、他の人には見えない「蟲」を見る力を持っていた。

トコヤミから逃れる為、「ギンコ」という名前になり過去を忘れ片目を失い白髪になってしまう。
そして彼は「蟲師」として旅をすることとなる。(一つの場所にいると蟲を寄せ付けてしまうので旅をするさだめなんですね)蟲に取り憑かれた為に耳が聞こえなかったり目が見えなくなった人達を治し助けてあげるんです。

感想としては
とても、面白かったです。描かれていた世界が好きになってしまいました。私も「虹蛇」を見てみたいなあ~って思ったです。

山を歩いたりしていると、もっと奥へ行きたくなっちゃう事があります(道のない山の中)本当・・不思議な魅力があります。恐いという気持ちより~自分も自然の中に一体化されているような安らぎを覚える気持ち・・かな

ぜひ、2作目を作って~そして、不思議な蟲を見せてほしいです。(漫画も見たい気がします)
スポンサーサイト
別窓 | 映画*DVD鑑賞 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
☆DVD「地獄の変異」をみて
「The CAVE」地獄の変異~という映画を見ました。

北欧(ノルウェーだったかな)の方にある地底へ続く洞窟を調査するために探検したチームを襲う恐怖?かな
あんまり~良く覚えていないので~違っていたらごめんなさいですm(__)m

洞窟の奥へ~地底へと進んで行くのですが、アクシデントがあって戻れなくなってしまうのです。女性が2人と男性が6人だったかな?リーダーの男性が奥へ進み、出口を探そうと皆を連れて行くのです。中には、行かずに、ここで捜索隊を待とうと提案する人もいるのですが・・結局~皆で行くことになります。

リーダーともう1人の男性で様子をみるために先へ行くのですが、その時~得体の知れない生物にリーダーが襲われてしまいます。自力で傷を負いながらも逃げて帰って来るのですが負った傷から体内で寄生物?が繁殖し始めてしまうのです。その寄生物は身体を変異させてしまうらしく~徐々に彼も変異し始めるのです。

一昔前に、その洞窟へ迷い込んだ犯罪人みたいな男どもがいたのですが、彼らがその寄生物で洞窟に適応できるように変異し、コウモリ男みたいになっていて探検者達を襲うのです。

リーダーは身体の変異を感じながらも、仲間を救うために地上への出口を今までの経験と勘で探し出すのです。でも、コウモリ男達に襲われ女性1人と男性3人は命を落とすことになります。
最後に、リーダーが犠牲になり男性2人と女性1人が地底の沼?から地上の湖へと、出ることが出来て助かるわけです。

大きな街に戻った彼らは、それぞれ別れることになるのですが・・女性の瞳に変化あり~彼女も寄生物にやられていたのでした。。。終わり


地底・洞窟って閉鎖恐怖症の人にとっては耐えられないものだと思います。私は、鈍なので~あまり感じませんが・・・(^◇^;)
リーダーが変異しながらも助けるために頑張る姿が時に、もしかしたら彼らを殺すために?って疑ってしまう・・そんな感じもありました。

私は、恐い映画が好きです。
あり得ないって思っているから~単純に楽しめるのだと思います(^◇^)
でも、恐いときは・・・きゃ(/\)です。。。

別窓 | 映画*DVD鑑賞 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
★DVD「レイス・オブ・ヘブン-天のろくろ-」を見て
先日、レンタルしてきた「レイス・オブ・ヘブン」を見ました。

不思議なお話でした~(¨;)
夢を見て~目を覚まし起きると夢が現実となっている・・それで、青年は夢を見るのを止めようと眠らないようにするために薬を飲んでいたわけです。
セラピーの先生に見てもらうことになり、自分に起きている夢のことを相談するのですが・・その先生が、彼の夢をコントロールし自分の野望のために利用するんです。
それを知った青年が彼女と逃げるのですが、その行方をつきとめる為に先生自ら・・眠り~彼の録っていた脳波に自分の脳波を合わせるのですが・・?
最後は、その先生が患者となっており~青年がドクターになっていました。

よく解らない映画です・・(>_<)
でも、夢って不思議ですよね・・前にも書いたことがありますが、私はトイレを探してる夢しか記憶にないです(^_^;)
朝、目を覚まし・・見た現実が昨日と全然違っていても気がつかなかったり・・・?

私の目で見ている現実と他の人が見ている現実が違っていたら・・・その人~それぞれの思いで見ている訳だから・・違っているかもね。
別窓 | 映画*DVD鑑賞 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
★DVD『Silent Hill』 を見て
「サイレント ヒル」ホラー映画です。
最後まで見て・・前に一度見たような気がしました。

孤児院から養女として育てた娘(女の子)が夢遊病者みたいに歩き~謎の言葉を発する
「サイレント ヒル」(ゴーストタウンの名前)
娘の為に母が娘とその町を探し~たずねて行くわけです。
そこは、奇妙な・・灰の降る町

魔女として~火あぶりにされた少女の怨念と
少女を魔女として火あぶりにした~女を中心とした狂信者達?
少女の怨念の中から悪魔が誕生し狂信者達に復讐する。

母はその手助けをすることになるのですが
結局~現世には戻れなかったのかな・・・って感じ

感想としては
人間が一番~恐いってことでしょうか。。。
別窓 | 映画*DVD鑑賞 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
★DVD『明日の記憶』を見て
以前、ブログの友人から勧められていた映画「明日の記憶」を見ました♪
(DVDを借りてきて)

若年性アルツハイマー症になった49才の男性のお話です。
すごい~リアルに描かれていたと思います。
渡辺謙さんの演技もいいなあ・・・って思いました。
涙が溢れてくる場面もあり・・感動しました。

最近はテレビでも若年アルツについて放映されたりしていますね。そう宣告されたら~誰でもショックだと思います~私だって・・そうだと思うもの。
認知症の方を家族が面倒をみるのは~ほんとうに大変だと思います。認知度がすすんできたら尚のこと・・家族に対するケアも大切だと思います。
施設などへ入所させるのも~抵抗があるかと思いますが、時には必要だと思います。ただ、施設を選ぶことも大事だと・・いろいろな問題が起きていたりしますから。
私の働いてるホームは、自分の親もそうなったら入れたいと思うくらいのとこですよ。(でも、費用が高いので無理^_^;)
別窓 | 映画*DVD鑑賞 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
DVD 『 メゾン・ド・ヒミコ 』 を見て
去年~買っていたDVD、オダギリジョー主演の『メゾン・ド・ヒミコ』を、ようやく(^_^;)見ました♪

ゲイって~男性でありながら心が女性なんでしょうね?でも、男性同士の恋愛もあるので~そのへんがイマイチ良く解らないのですが・・

満たされないから満たしてほしい~満たされたい・・・人は孤独なんですよね。ですから~いろんな世界があるんだと思います。

メゾン・ド・ヒミコの住人の皆さんは、とても愛すべき方達ばかりだなって~思いました。(建物も素敵で家具も素敵・・・そういうのにも目がいっちゃいます(>_<))

家族から離れてしまってる~ゲイの方達の老後というのが、ちょっとコミカルにちょっと哀しげに描かれていると思いました。

オダギリ君も良かったです♪ゲイを父に持った~娘役の紫咲コウも堅物っぽい感じが良かったと思います。


そういえば
時効警察が、また始まるそうで・・・・とっても~楽しみです(*^_^*)
別窓 | 映画*DVD鑑賞 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
DVD 『半落ち』 を見て
アルツハイマーになった奥さんを殺した警部のお話・・
息子が白血病で亡くなった悲しみを背景にしながら、「殺して」と嘆願する~奥さんを殺して自分も死のうと思うが奥さんが書き残していたノートを見つけ自殺を思いとどまる。。。

映画では、自分が崩れていく・・と表現していたアルツハイマー病。
脳の細胞が急激に死んでいく病気・・
以前、研修で聞いたお話で・・なるほどなって思ったのがあります。

認知症という病気は、生まれてから今までに至るまでに身につけた教養などやいろいろな事柄が徐々に消えていってしまい・・最後は赤ちゃんの頃に戻っていく・・旅なんだって・・・
私たち介護員は、その旅を支えるのが仕事なんだって・・・

警部は、奥さんが2度~息子を失ったと言いました。白血病で亡くなった時、記憶から消えた時、(だと~おもいました)

でも、一度~息子さんは生き返ったのです。奥さんの心の中で・・・ケーキを息子さんの分も用意したでしょう・・
その時、お姉さんは「しっかりして!」とその事を否定しました。その時、息子さんはちょっと出かけていたから~後で食べてもらおうって、息子さんの存在を肯定したら・・・奥さんは幸せだったと思うのです。

いずれ~確かに息子さんのことも忘れてしまうでしょう・・・でも、失ったんじゃないと思う。記憶から消えてしまうんです。同じといえば同じかも知れませんが・・・。

ただ、命を奪うべきじゃないと思いました。
病気なのですから・・・。



別窓 | 映画*DVD鑑賞 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| ☆一輪*花☆ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。